2015年12月09日

連続イベント 「羊飼いと奇術師」 (後編)

金色で身を固めた戦士が、虎皮で身を固めた戦士が、様々な人たちの助力を得て狂暴化した羊を撃退していた。

「あれ?あっけないな」

そう。狂暴化しただけで戦闘力そのものは上がっていなかったのです。
ここで撃退しておかなければ、マジンシアの草花そして非力な市民たちに危険が及んでいたかもしれないのです。

この撃退された、紫色に変色していた羊たちの死骸を見つめて羊飼いは悲痛に叫んだ。
羊飼いSaint「わ・・私の羊が・・どうしてくれるのだ? ぉぉおおお・・・」 
Petrushkaの元に知らせがたどり着き、顔色が青ざめた。

Petrushka 「皆さん! 悪い知らせです!」
     「奇術師がこの島中に現れて、悪しき動物を放ったのです!」
     「どうか、これを撃退して頂けないでしょうか?」

Petrushkaは皆に向かって懇願した。
そしてマジンシア各地に動物30体が沸いたので、これを撃退に東奔西走していく。
発見されたのは、黒色の鶴x7 白い熊x8 炎色の馬x7 紫色のラマx8だった。
やがて、30を数える魔物化した動物が全て人々の手によって撃退されたのだった。
撃退を確認出来たPetrushkaは皆を大花壇前のステージの前に集めるよう、呼び掛けた。

Petrushka 「皆さん!皆さん!」
     「皆さん!聞こえますか~?」
     「皆様のおかげで何とか退治できたようですよ~」
     「ひとまず大花壇前のステージ前に集まってください~」
        
ぞろぞろと人々がステージに集まり、Petrushkaもステージに戻ったので改めて発言していく。

Petrushka 「羊飼いさんには酷い事をしてしまいましたね。。補償に行きましょう。」
     「皆さん申し訳ないけど、ついてきてくださいね。」 

Petrushkaを先頭に、皆で羊飼いの所に戻ってみると・・・
  ムーンゲート周囲にはいませんでした。

Petrushka 「皆さん・・あの羊飼いどこに行ったのでしょう・・?」
     「きっとマジンシアのどこかにいるはずです。探してもらえないでしょうか?」
     「見つけられたらチャンネルの方でお知らせくださいねー!」

皆それぞれ島中を駆け回り、羊飼いの居所を突き止めたのだった。

発見の知らせを頂いたPetrushkaは皆に呼び掛ける。

Petrushka 「よかった!まだ本島に居たのですね!探して頂きありがとうございます!」

移動していた羊飼いは港の波止場に居た。チャンネルを通してPetrushkaが皆さんに呼ばれて波止場に案内される。
波止場で羊飼いを見つけたPetrushkaは一礼した。

Petrushka 「羊飼いさん。そなたの羊を死なせてしまい申し訳ありませんでした。」
     「わたくしマジンシア首長に「補償」させてくださいませんか?」
羊飼いSaint「これはマジンシア首長様。補償さえあれば食っていけるんでぇ。お願ぇします。」

羊飼いは消えそうな声でうな垂れていた。
「補償」しなくては…

Petrushka 「皆様、羊飼いが補償で良いと仰ってくださったのです。」
     「今から補償として何が良いのか銀行で考えてみましょうか?」

銀行に行けば補償についてのアドバイスを頂けるかもしれません。そう考えたPetrushkaは銀行へ行くよう促す。
Petrushka一行で波止場をあとにして銀行に足を運んだ。

Petrushka 「さぁ銀行に着きました。私は手続きしてきますので、皆さんにも」
     「少しで良いので補償のお手伝いして頂きたいのです。」
     「この方に「補償」と話しかけてください。ここからは各自で進めてみてくださいね。」

Petrushkaは銀行員と交渉していった。
銀行員Marco「羊飼いの件ですね。「もこもこ」したものが良いと思います。」
     「もこもこは羊の羊毛です。裁縫屋の方で詳しい話聞けると思いますよ。」

「もこもこ?」なんだろう?
不思議に思いながらも皆で裁縫屋に向かうことになった。
人でいっぱいになった裁縫屋で一人一人が裁縫屋の一人に声をかける。

裁縫屋Crawl「もこもこですね!こちらの「羊毛」もしくは羊から刈って納めると良いと思いますよ。」

裁縫屋からアドバイスを頂いたPetrushka一行は各自で羊の毛を刈ってきたり、その店で売っていた羊毛を購入したりした。
この羊毛を持って羊飼いの所まで行けば良いんですね!
補償の用意が出来た一行は羊毛を持って、波止場に戻ってみた。
しかし、そこには羊飼いSaintの姿はなく、別の羊飼いが釣りをしていたのです。
釣りを中断している頃合いを見つけて、一行は声をかける。

羊飼いSai 「Saintさんですか?メモリアルホールの方へ行きましたよ。」

メモリアルホールの方に羊飼いが向かったと聞いて、急ぎ足でメモリアルのホールに向かっていった。
そこには羊飼いSaintがいたので、各自で対応していく。

羊飼いSaint「皆さんお待ちしていました。補償の方よろしくお願いします。」 

Petrushkaは彼女に補償金を渡す。周りにいた一行は手に入れた羊毛を渡していく。

羊飼いSaint「これは高級な羊毛ありがとうございます!これで当分はしのげます。感謝します!」

すると暫くの沈黙ののち、羊飼いSaintが消えて奇術師Paineになった。
ホールでPetrushkaが話し始める。
  
奇術師Paine「皆さま。お陰様で羊飼いへのお詫びは「済み」ました。ありがとうございました。」
     「お気付きかもしれませんが、私は最初から羊飼いでございます。」
Petrushka 「そうだったのですか?全ては「演技」だったということ?」
奇術師Paine「わたくしめのささやかなお使いにお付き合いありがとうございます。」
Petrushka 「待ってください!」
奇術師Paine「いずれまた会いましょう!それでは皆さんごきげんよう!」

消えては現れ、必要最低限の話しかせず、多くの謎を残したまま奇術師は消えていった…


            ◇◆◇

こうして羊飼いと奇術師Paineの話は終わりました。
   「奇術師行ってしまいましたね。」
   「最初の挨拶から乱入されてしまいましたね。それでは話を戻しまして・・・」
   「ここまで付き合って頂いた皆様にお願いがございます。」
   「マジンシア大花壇をクリスマスまでに赤と緑で可能な限り花で埋めて頂きたく、」
   「皆様の力をお借りしたいのです。なお、種はお持ちでない方は配布させて頂きますね。」
   「必要な道具などは配布しますので不明な点はお尋ねください。」
   「ガーデナーの方々にアドバイス頂いて植えて頂けると幸いです。」
   「これで今日のミニイベントはここまでになります。」
   
ここで●PECナニワさん登場して挨拶。

Petrushka「次回はクリスマスイブの日に奇術師の続編「羊とワイン」のイベントを開催します。」
    「それでは皆さんお疲れ様でした。」

                             ミニイベント「羊飼いと奇術師」(完)


コメントする

名前
URL
 
  絵文字